PE樹脂 塗装

「塗装が出来ない素材」と位置付けられていた、PE(ポリエチレン)素材に塗装が可能になった!

工業部品を扱う業界において、PE(ポリエチレン)は「絶対に塗装が出来ない素材」と、されていました。
大手塗料メーカーの技術が進歩しても、PE(ポリエチレン)素材へ対する塗料は開発されていません。
また、日本全国の塗装屋も、PE(ポリエチレン)素材のへ塗装は諦めるしかありませんでした。

塗料とPE(ポリエチレン)の関係は水と油野のように相反します。PE(ポリエチレン)
素材へ塗装した塗膜はポロポロと簡単に剥がれ落ちてしまいます。

1年間に及ぶ技術開発により、PE(ポリエチレン)素材への塗装が実現!

当社では、1 年の開発期間をかけてPE(ポリエチレン)素材への塗装を実現させました。
試作を何回も繰り返し、多くの失敗にも諦めず、2016 年3 月に独自の技術を完成させました。
※ 現在、PE(ポリエチレン)への塗装技術は非公開。

シリコン・エラストマー・軟質エンビの軟質素材に塗装が実現! 新商品開発の可能性を秘める軟質塗装!

PE(ポリエチレン)素材への塗装を完成させたことにより、他の軟質素材への塗装も可能になりました。
これら軟質素材も「今まで塗装は不可能」とされていた素材です。
当社の軟質塗装は、「新商品開発の火付け役になる」と、自信を持ってご提供致します。

軟質塗装の特徴

軟質素材を180°曲げても塗膜が割れません。

軟質素材密着事例

  • PE素材
  • シリコン素材
  • エラストマー素材
  • 軟質エンビ素材
対応素材 ポリエチレン・シリコン・エラストマー・軟質エンビ
商品用途 コップ・洗面器・ゴミ箱。バケツ。容器。
料理パック。ケース(¥100 ショップで売られているモノ)
使用用途 軟質の材質で「塗装が出来ない」と、位置付けられた素材への密着が強い。
長 所 塗膜の追随性。曲げても割れない。色を選ばない。(単色・メタリック・パール)
試作ロット(1 個から可)・開発依頼・密着テスト依頼・
短 所 量産前は必ず試作が必要。小ロット対応のみ。(手のひらサイズ、500 個以内)
部材により要密着試験を行う場合あり。
塗 料: アクリルラッカー・ウレタン

PE(ポリエチレン)や軟質素材への塗装動画集

ポリエチレンPE に塗料が密着した。オークマ工塗塗装業会ビックリ

ポリエチレンへの塗装オークマ工塗塗装不可が可能に!!

軟質塩ビに真空蒸着メッキ!ある程度伸びても大丈夫!オークマ工塗

ポリエチレンへの塗装が実現! オークマ工塗素材PEへ塗装ができる

素材最適塗装・【樹脂】アクリル樹脂 塗装の納品事例は、納品事例ブログで確認いただけます。

お問い合わせフォーム ショールームのご案内