この塗装で問題解決! [SOLUTION]

焼付け塗装でお困りの方

「焼付け塗装出来ますか?」とお客様からの問い合わせが多くあります。焼付け塗装とは、高温(150℃)以上で焼き締める乾燥方法です。

私達は、金属問わずあらゆる素材ににも対応させて頂いておりますので、ご安心下さい。

焼付け塗装でお困りの方

【問題解決のご提案】

お客様の中には、「見積りに焼付け塗装と指示があるのですが、焼付け塗装は出来ますか?」・「金属は高温で焼付ける事は知っていますが、樹脂は焼付けしないのですか?」等、焼き付け塗装に関する相談が多くございます。

「焼付け塗装」とは、塗装の一般的な乾燥方法の名称です。

オークマ工塗は焼付け塗装について、下記の内容で詳しく説明させて頂きます。

【金属、鏡面塗装】
ブツ・ケバゴミ完全なしの、ピアノブラック鏡面焼付け塗装。

【金属、デザイン塗装】
焼き物調をイメージした、デザイン塗装の焼付け塗装。き物調をイメージした、デザイン塗装の焼付け塗装。

焼付け塗装とは、塗装の乾燥方法の1つで大きくは3種類に分かれております。
焼付け塗装・・・
アクリル・メラミン塗料のような150℃前後以上の高温で乾燥する事を言います。特徴としては高温で焼しめる為、表面硬度は非常に硬くなります。一般的には金属素材の仕様です。
強制乾燥・・・・
樹脂素材の場合は強制乾燥と言います。2液硬化性の塗料で、塗装後に熱(60℃~120℃)をかけ、硬化剤との反応を早める為に行う乾燥方法です。各種樹脂素材により仕様が変わる事があります。
自然乾燥・・・・
自然乾燥又は常温乾燥と呼ばれ、水性系の塗料や、素材にまったく熱をかけてはいけない場合に使用します。
依頼
金属の焼付け塗装がよく分かりません。
解決

任せて下さい!

下記に自然乾燥の一般的な仕様をまとめております。不明な点があればご遠慮なく弊社にお問い合わせ下さい。

株式会社オークマ工塗 TEL:072-988-1363

【金属】

素材 塗料 乾燥温度 乾燥時間 乾燥方法
アルミ メラミン
アクリル
140℃~180℃ 20分~30分 焼付け乾燥
亜鉛3 メラミン
アクリル
140℃~180℃ 20分~30分 焼付け乾燥
SPCC
SECC
メラミン
アクリル
140℃~180℃ 20分~30分 焼付け乾燥
SPCC
SECC
テフロン
フッ素
140℃~180℃ 20分~30分 焼付け乾燥
SUS メラミン
アクリル
140℃~180℃ 20分~30分 焼付け乾燥
真鍮 メラミン
アクリル
140℃~180℃ 20分~30分 焼付け乾燥

注1)上記金属は代表的な素材となっております。その他についてはお問い合わせお願いします。

注2)上記仕様は標準設定です。素材の性質により仕様条件が異なります。

注3)亜鉛(DC)、乾燥高温約120℃以上の場合素材膨れが発生します。

依頼
樹脂素材の強制乾燥がよく分かりません。
解決

任せて下さい!

下記に自然乾燥の一般的な仕様をまとめております。不明な点があればご遠慮なく弊社にお問い合わせ下さい。

株式会社オークマ工塗 TEL:072-988-1363

【樹脂】

素材 塗料 乾燥温度 乾燥時間 乾燥方法
ABS ラッカー
ウレタン
60℃以下 30分~40分 強制乾燥
アクリル ラッカー
ウレタン
90℃以下 30分~40分 強制乾燥
ポリカ ラッカー
ウレタン
90℃以下 30分~40分 強制乾燥
6ナイロン
PA
ラッカー
ウレタン
120℃以下 30分~40分 強制乾燥
PET ウレタン 常温
80℃以下
4時間~24時間
30分~40分
自然乾燥
強制乾燥
PP ウレタン 60℃以下 30分~40分 強制乾燥
エンビ
硬質・軟質
ラッカー
ウレタン
80℃以下 30分~40分 強制乾燥
PPS アクリル
アクリルウレタン
160℃~200℃
120℃以下
20分~30分 焼付け乾燥
強制乾燥

注1) 上記金属は代表的な素材となっております。その他についてはお問い合わせお願いします。

注2) 上記仕様は標準設定です。素材の性質により仕様条件が異なります。

依頼
自然乾燥がよく分かりません。
解決

任せて下さい!

下記に自然乾燥の一般的な仕様をまとめております。不明な点があればご遠慮なく弊社にお問い合わせ下さい。

株式会社オークマ工塗 TEL:072-988-1363

【その他の素材】

素材 塗料 乾燥温度 乾燥時間 乾燥方法
ゴム風船 水性 常温 自然乾燥
4時間~24時間
無し
FRP ラッカー
ウレタン
常温 自然乾燥
4時間~24時間
素材によって巣穴が多発します。
発泡スチロール 水性 常温 自然乾燥
4時間~24時間
素材によって、溶剤に溶けるものもございます。

オークマ工塗では様々な素材に対応しております。

塗装方法によって、乾燥方法も異なります。
  塗料 対応素材 乾燥方法 備考
手吹塗装
水圧転写
アクリル
メラミン
フッ素
テフロン
アルミ 亜鉛
SPCC
その他、金属
焼付け乾燥 基本、どの塗料もどの素材も対応可能な塗装方法となっております。
ウレタン
ラッカー
ABS
その他、樹脂
強制乾燥
FRP
スチール
自然乾燥 溶剤に弱い素材、巣穴が発声する素材の乾燥方法となっています。
静電塗装 アクリル
メラミン
フッ素
テフロン
アルミ
亜鉛
SPCC
その他、金属
焼付け乾燥 塗料と素材に電気を通し、密着する塗装方法となっております。
樹脂は対応出来ません。
粉体塗装 アクリル
エポキシ
ポリエステル
アルミ
SPCC
その他、金属
焼付け乾燥 粉体塗装はパウダーの専用塗料の為、塗料樹脂の種類は選べません。
塗装方法は静電同様。
電着塗装 アクリル
エポキシ
アルミ
亜鉛
SPCC
その他、金属
焼付け乾燥 ディップ式で行う塗装方法です。
カチオン電着。エポキシ塗料
アニオン電着。アクリル塗料
蒸着
UV塗装
ラッカー
ウレタン
UV
ABS
アクリル
ポリカ
PP
その他、樹脂
強制乾燥
UV乾燥
蒸着は最終仕上げでUV塗装を行う事が一般です。
UV塗装の場合、熱乾燥でなく、紫外線で照射させます。

上記塗装一覧表は一部となっております。

焼付け塗装での、問い合わせの多い3つの問題点

3つの問題点

1.品質問題

ブツごみ・糸ゴミの問題で悩みがあるお客様

2.管理問題

納期管理・在庫管理等で悩みがあるお客様

3.企画・提案問題

塗装で新たな企画案件で悩みがあるお客様

オークマ工塗の提案

オークマ工塗は、左記の問題について、

  • 品質:クリーンルーム(実践型改善工場)
  • 管理:ISO管理4つ最適(塗装・塗料・管理・コスト)
  • 企画・提案:塗装プロデュース(問題解決型営業)

にて、お客様のストレスを解消致します。

塗装のごみ・ほこり対策について

提案

オークマ工塗の石切工場はクリーンルーム設備を抱えており、元は建築部品のメイン工場でしたがお客様の声によりクリーン環境を作り上げた、実践型改善工場です。

実績

自動車メーカーT社様のカードキー部品

従来塗装業者=ロット10000個に対し不良率約50%。

当社=ロット10000個に対し不良率約5%以下。。

【問題解決のご提案】管理問題でお困りのお客様

提案

常にお客様は急いでいます。納期がないお客様は最大のストレスを抱えております。だからこそ生まれたタイムリー管理。

お客様からの在庫確認・資料請求・環境資料等をタイムリーに報告する事ができます。

お客様の一刻の連絡が一番の信頼獲得です。

タイムリーこそお客様が求める一番の品質管理要求事項であります。

お客様の声

・いつも即返答頂き大変助かっております。
逆に頼ってばかりいて申し訳ございません。( I 社様)

・管理が出来る塗装屋さんを探していました。
御社とのお付き合いで管理の心配もなくなりました。(S社様)

【問題解決のご提案】企画・提案でお困りのお客様

提案

常にお客様は急いでいます。納期がないお客様は最大のストレスを抱えております。だからこそ生まれたタイムリー管理。

お客様からの在庫確認・資料請求・環境資料等をタイムリーに報告する事ができます。

お客様の一刻の連絡が一番の信頼獲得です。

タイムリーこそお客様が求める一番の品質管理要求事項であります。

お客様の声

・先方様をオークマ工塗様のショールームに案内し、「もやもやしていたイメージが明確になった」と大変感動して頂けました。(H社様)

・新規提案に装飾を取り入れたいと、オークマ工塗さんへ相談に来ました。塗装を何も知らない私でしたが、オークマ工塗さんの提案を受け大きな自信になりました。(T社様)